dmdweight

フジッコ「デンタフローラ」の効果を調査!配合成分にはどんな働きがあるの?

フジッコ「デンタフローラ」の効果 2つのポイント

フジッコ デンタフローラ
ここがポイント!
  1. 口の中の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす
  2. 虫歯になりにくい口内環境に

※参考 ⇒フジッコ公式「デンタフローラ」1,580円で始められるキャンペーン中!

フジッコ「デンタフローラ」にはどんな効果があるのか

デンタフローラの効果に影響するのが、L8020乳酸菌・ナタマメ・キシリトールになります。

それでは、どのような働き・効果があるのか紹介していきます。

口内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす!

フジッコ「デンタフローラ」の効果

「「L8020乳酸菌」は、、虫歯のない子供の口内から発見された乳酸菌です。
正式名称は「ラクトバチルスラムノーザスKO3株」という菌種になります。
この乳酸菌が口内のむし歯菌や歯周病菌といった悪玉菌の繁殖を抑えて、悪玉菌を減らしてくれます。

学生ボランティア50名が毎日昼休みに1個、2週間食べるというもので、「新しいヨーグルト」を食べたグループでは、むし歯菌は80%以上、4種類の歯周病菌は40~90%減少させる効果が認められ、むし歯菌と歯周病菌を同時に抑制する効果が実証された。
出典:seibutsu-kogaku kaishi 89(3), 133, 2011-03-25

唾液の分泌を促して、虫歯になりにくい口内環境に

食後の口の中は「酸性」の状態で、歯のエナメル質が溶け、虫歯になりやすい環境になっています。
唾液には、酸性に偏った口の中を中性に戻すことで、口内環境をすこやかに保つ働きをもっています。

デンタフローラをなめることで、唾液の分泌を促して、口内環境を整えてくれます。
さらに、口の中に長く善玉菌成分を留めておくことが出来ます。

フジッコ「デンタフローラ」を飲んだ人が感じた効果

  • 口の中がサラサラでさっぱりしている
  • 臭いが気にならなくなった
  • 口のねっとり感がなくなった
  • 唾液が臭くない

歯磨きだけでは、物足りない・不安という人が多く取っています。
口の中がスッキリするので、虫歯予防だけでなく臭いにも効果を感じたという声もありますね。

[関連ページ] フジッコ「デンタフローラ」の口コミ・評判を調査!人によって効果はない?

まとめ

最後に、フジッコ「デンタフローラ」の効果について、おさらいしましょう。

・口の中の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす
・虫歯になりにくい口内環境に

L8020乳酸菌には、虫歯菌や歯周病菌といった悪玉菌を減らして、善玉菌を増やしてくれる働きがあります。
ヒト試験でも2週間継続して摂取することで、悪玉菌の抑制効果があったと報告されています。

唾液の分泌を促すことで、口の中の環境を中性に戻して虫歯になりにくい口内環境にしてくれます。